即日融資ができる銀行カードローンもある

実は即日融資ができる銀行カードローンもあります。
即日融資と言えば消費者金融がすぐに思い浮かびます。
急な出費で緊急にお金が必要になる、そんなことはあるものです。
むしろキャッシングによって補わなくてはならない資金使途の大半が急ぎになるでしょう。
なぜなら多くの方がお金が必要となったときに真っ先に思い浮かべるのが借り入れではないからです。
お金を借りて解決をしようと考えるのは直前になってからでしょう。
銀行口座を確認し、不用品が売れるのではないかとリサイクルショップに持ち込み、部屋のあちこちを探し、それでもお金が用意できなかった時にようやく借り入れするしかないという選択肢が思い浮かぶものです。
即日ではないにしろ緊急性のあるキャッシングの確率が高くなるでしょう。
消費者金融で即日融資の可能性が高いのは自動契約機です。
インターネット申し込みでも即日融資は可能とはなっているものの、審査対応時間や振込キャッシング対応時間を考えると平日の午前中には申し込み手続きのすべてを完了していなくてはなりません。
一般的に仕事に従業している時間帯でありインターネットでも申し込みを行い審査結果を待って本人確認書類を提出、契約の取り交わしまで行うと考えれば確実性が高いとは言い切れません。
そのため消費者金融でも即日融資のためには自動契約機が最も有効な手段になります。
銀行カードローンもまた即日融資が可能とされている理由には自動契約機が設置されていることが条件です。
銀行の自動契約機など見たことがないと思われるかもしれません。
現在3つの銀行で自動契約機を設置しています。
・新生銀行カードローンのレイク
・三井住友銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
新生銀行カードローンのレイクは現在でこそ銀行カードローンですがつい最近まで消費者金融でした。
今でもレイクと言えば消費者金融を想像する方が多いでしょう。
大手消費者金融のひとつとして数えられており自動契約機もほかの大手消費者金融と同じように全国に設置されていました。
それが今でもそのまま新生銀行カードローンレイクの自動契約機として使われています。
銀行カードローンの中では最も自動契約機の数が多く、国道沿いや駅の近辺で見かけるものです。
三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行、こちらは銀行の本支店内に自動契約機が設置されています。
三井住友銀行ではローン契約機と呼ばれ、三井住友銀行カードローンのほか同じグループ会社であるプロミスの契約にも使われています。
三菱東京UFJ銀行ではテレビ窓口と呼ばれ、カードローンバンクイックの申し込みのほか、三菱東京UFJ銀行口座の開設にも使われています。
自動契約機は年中無休で営業をしており銀行の窓口営業時間よりも長く営業がされている特徴があります。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのテレビ窓口では平日9時から20時まで、土曜祝日10時から18時まで、日曜は10時から17時までの営業です。
もちろんすべての銀行カードローンが即日融資の可能性がないわけではありません。
インターネット申し込みでも即日融資が可能となっている銀行カードローンは今ではいくつもあります。
イオン銀行のカードローンBIG、住信SBIネット銀行のMr.カードローンプレミアムコース、みずほ銀行カードローン、横浜銀行カードローンなども即日融資が可能な銀行として知られています。
ところが緊急の即日融資だからこそ確実性を高めていかなくてはなりません。
やはりそのために必要なのは自動契約機となるでしょう。
条件がある即日融資もあります。
例えばみずほ銀行カードローン、インターネット申し込みでも即日融資が可能とはなっているもののみずほ銀行口座を持っていることが申し込みの条件です。
条件つきでなければ即日融資が受けられない、これは急ぎの時にこそ避けたい選択肢です。
どうしても今日中に借り入れをしなくてはならない、そんなときには自動契約機がある銀行カードローンが安全になるでしょう。

関連記事