契約することがデメリットになる場合がある

お金が必要だからとすぐに借りてしまうのは非常に危険な行為です。よく言われる、利用目的の設定と返済プランを立てることは、カードローンの利用には必要不可欠です。しかしそれ以前に、「なぜお金が必要になってしまったのか」を考えることも非常に重要です。なぜならその理由によってはカードローンを利用しないほうがいい場合があるからです。
お金が必要になる理由とは何でしょうか?大抵の場合、低所得のため貯金ができなくて手持ちのお金も常にギリギリ、貯蓄の少ない時に急な出費が発生する、家や自動車などのかなり高額な買い物をする、子どもの教育費用として、貯蓄は足りているが今後のために少し余裕を持たせておきたい、別の借金返済に充てたいなどといった理由が考えられます。
この中でカードローンの利用がデメリットになる理由のひとつは、「低所得であるためにお金がない」という理由です。カードローンは借金であるため、返済というプロセスが発生します。また金利も適応されるので、借りた金額に利息が上乗せされます。つまり借りた以上のお金を返済する必要があるわけです。生活していくのにギリギリ、あるいは赤字になるような状況でカードローンを利用しても、返済していけなくなることは想像に難くありません。安定した収入があっても返済が困難であるなら、利用しない方が良いでしょう。かわりに、家計を見直して無駄な出費がないか確認しましょう。「いろいろ我慢している」と思っても、意外なところで無駄な出費をしているかもしれません。例えば、仕事を家に持ち帰って徹夜して作業をしているなら、その分光熱費を浪費していることになります。徹夜ではなく早朝に作業すれば、ライトなどの光熱費の使用量をある程度抑えられるかもしれません。カードローンを検討する前に、今の状況で手持ちのお金をどのように増やせるかを考えて見るのもひとつの手段です。
「別の借金返済に充てる」という理由での利用も絶対に避けるべきです。今ある借金を返済するお金がないのにさらに別のところから借りという方法は、解決になるどころか多重債務になる原因になり、最終的には自己破産することになりかねません。このような状況に陥らないためにも、自身の状況を冷静に分析することが重要なのです。
カードローンは、安定して継続的に返済していけるだけの収入がなければうまく活用することはできません。あせって自分を追い込んでしまわないためにも、自力で改善できるところがないかをまず考えてみましょう。
参照サイト:http://cardloansinsa.web.fc2.com/

関連記事