消費者金融の審査で通らない場合に

お金を借りやすいというイメージが強い消費者金融審査甘いですが、誰でもお金を借りられるというわけではありません。過去の利用の仕方や申し込みの不備によっては審査に通らない可能性があります。

過去に金融機関を利用したことがある人は、まず今までの利用実績を確認してみましょう。金融機関では申し込みを受ければ、必ず信用情報を確認します。この情報の内容によってはお金を借りられないことがあります。この信用情報は金融機関だけでなく、自分でも確認をすることができます。
3つの信用情報機関がありますが、消費者金融が最も多く登録していると言われるのが日本信用情報機構(JICC)です。ここでは、窓口や郵送以外にも、スマートフォンによっても情報開示をしています。審査に落ちた理由を知りたいという時には、まず自分の信用情報を確認することも大切です。

また、現在複数の貸金業者から借り入れをしているといった場合も注意が必要です。貸金業者では総量規制があります。この総量規制がある消費者金融は年収の3分の1までしか融資ができません。そのため、年収の3分の1近くまで借り入れをしている場合には、このことが影響している可能性があります。

今までまったく金融機関を利用したことがないという人の場合は、申込書に不備があった可能性もあります。申込書に記入ミスや嘘の申告があれば審査に通らないことがあります。初めての利用の場合には、利用限度額は低く設定される可能性はありますが、申し込みの段階に不備がなければお金を借りやすい状態です。

関連記事